格安航空券で行く国内旅行!旅行好きの方必見です

夕焼けと飛行機雲

格安航空券をより安くするなら期限を見極めよう

格安航空券は、今や航空機利用をするならばまず購入をすることを検討したいと言ってもいいほどお得なアイテムですね。
実際、昨今では格安航空券は非常に簡単に手に入れる事が出来るので、ちょっと下調べをすれば誰でも購入する事ができます。
ただ、その格安航空チケットは何故安くなるのか?そして通常販売される普通運賃の航空券との違いを解説しましょう。

航空券と使用期限について

航空機に乗るために、航空券を購入したことがある人ならばわかると思いますが、航空機というのは購入すれば無期限で利用する事が出来る物ではありません。
航空券、というのは実は利用期限が設定されていてそれはその航空券でどの便を指定して乗るのかということが期限設定されているんですね。
大体、30日刻みで最大90日までの航空券の利用期限が設定されておりその航空券に定められた利用期限を過ぎてしまうとその航空券を使用する事ができなくなってしまうんです。
だから、航空券というのは発券された物は使用期限内に使ってしまわないとただただ無価値な紙切れになってしまいますのでその期限のうちに使う人に売ってしまわないと、販売する側としても損になってしまうわけですね。

利用期限が近い物ほど値段は安い

使用期限の表示
さて、そこで航空券の価値と利用期限の因果関係と言うものを見ていくとしましょう。
使用する側、購入する側から見れば当たり前ですが航空券の期限というのはながければ長いほどいいですよね。
極端な話をすると、自分が搭乗する日まで有効期限であればいいかもしれませんが、早期での航空券の予約のことを考えればやはり期限が長い方がそれだけ早く準備しておけるので便利であることは間違いないわけです。
逆に言えば、期限がすでに迫りきっている航空券となれば近々の予定に航空機に搭乗する人でなければ要らないものになってしまうんです。
つまり、期限が近い航空券というのは需要が低いという事が言えるのですがこれが格安航空チケットとして利用できるわけです。
旅行代理店側としても、期限の迫った航空券も利用期限が過ぎて価値が0になってしまうくらいなら思い切り値段を下げてでも少しでも利益が出るように売ってしまいたいですよね。
そこをつくことで、より安く購入する事が出来るというわけです。

期限が短くなるほど安くなる

つまり、より安く航空券を手に入れたいのであればなるだけギリギリに購入する方がいいということですね。
とは言え、あまりギリギリを狙いすぎるとそもそもその時期には航空券が全部売り切れてしまっている、ということもあるのである程度の余裕は必要ですが、そのギリギリを見極めるといいでしょう。

Similar Posts:

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP

Copyright © 2017 格安航空券で行く国内旅行!旅行好きの方必見です All Rights Reserved.